子どもが習い事を辞めたい!と言ったら…

投稿者: いしこがわ理恵 投稿日:

子どもの習い事について、始める前も始めた後も、まあ何かと悩みがあるママ&パパさんがいらっしゃると思うんですが、我が家も同じく。

と言っても、我が家の場合は、「習い事をしたくない」という悩みです。

もともとはスイミングを習っていましたが、それも今ではやめてしまいました。
考えられる原因は、習いに行っていたスイミングレッスンが使っているプールの水が冷たかったということかなぁと思っています。
最後はスイミングに行くのを嫌がって泣くようになってしまいました。
なだめすかして、嫌がっている期間も数回は連れて行ったのですが、結局は…。

とはいえ、約2年間は行ったので、がんばったね!と彼女のここまでの頑張りを認めて受け入れてあげなくちゃと思います。

スイミングを始めるまえは、顔に水がつくのを嫌がって、お風呂でもギャーギャー大騒ぎだったのだけど、スイミングに行くようになってからは、水を怖がらなくなり、潜水も上手になりました。

そのレッスンでは、最初は子ども用のプール(立つと顔が出るくらいの深さで、水温も温かめ)だったので、たぶん楽しくレッスンできたんだと思います。

だけど、上達して、先生から大きいプール(25メートルプール)のクラスに移るようにと話があって、その次のレッスンから大きいプールに移ったところ…、水温が!!!冷たい!!!行きたくない!!!と。
あとは、もっと深いプールになってしまったのも怖かったのかもしれません。

子ども用のプールは、ガラス張りの部屋が横につながっていて、保護者が手を振って応援することもできたのですが、大きいプールはレッスンを見ることができない場所にあるので、それも心細かった様子。

まだ息継ぎをマスターしていない状態でのレッスン休止は残念でしたが、嫌だ嫌だと思いながらのレッスンも心によくないかなぁと思ったりして。

それに、またいつか大きくなった時に「もっと泳ぎたい!上手になりたい!」って感じてレッスンを再開したほうが、身につくかなと前向きに思っています。

まあ、正直な気持ちは、娘のクラスメイトの子たちが、すでに好きなものや得意なものを習い事を通して見つけている姿を見ると、すごいな~と思ってしまいますが、
わが子にもきっと、彼女の得意分野が見つかるはず(いつか!)、それをその時に応援してあげよう。
(今は何も習いたくない、習い事行きたくない!というので、そっとしています…)


***

最近聞いているポッドキャストで、相談者ママ達が似たような質問をしていました。

「習い事をしたくないと言うんですが…」「辞めたいと言うんですが…」
その時に、そのポッドキャストのプレゼンター(アドバイザー)の方が言ったのは、

「何のために(そして誰のために)習い事をしていますか?」という質問でした。

相談者ママたちが「将来の子どものため」「自信をつけさせてあげたい」「得意分野を見つけてほしい」と言っていたんですが、

それを聞いていて…、あれ、そういえばどうして私はこの子に習い事をしてくれたらなぁ…って思ったんだっけ?とふと思いました。

他の子みたいに「得意を」「自信を」持ってほしいから。

あれ、他の事くらべちゃってない?…くらべてる。

子育てって、他の事くらべる必要がないのに、この子の自信を伸ばしてあげたいと言いながら、親の私が比べちゃってたら、伸びる自信も伸ばせないよね、と。

だから、彼女が自分自身でやりたい!と思う習い事が出てくるまで待とうと思いました。
もしこの先、もう大人になるまで習い事したくない!って言い続けてもいいや。

そうやって、なんか力を抜いて考えると、逆に子どもの成長や前はできなかったけどできるようになったこと(日常で)なんかに、もっと目を向けられるようになりました。

「比べず、認める。」
を心がけようっと。

最後に、全然関係ない話(スイミングつながりっていうだけ)ですが、
pixabayで素敵な写真を見つけました。こんなところに、ホリデーに行きたい~(笑)


いしこがわ理恵

webライター、イラストレーター、日本語教師をしています。イギリス人の夫と共に、イギリス南部で2人の女の子育児奮闘中。 イラスト&執筆等のお仕事依頼はお気軽に【お問い合わせフォーム・contact】までお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です