求む、日本人!!

今日は出産後初めて、体重測定に行って来ました。

「初めて・・・」というのは、自分の方から体重測定ができる場所に出向いていって計るのがということで、
イギリスでは出産後は(私の場合は今までに3回ほど)ヘルスビジターさんがお家に体重計を持参で訪問してくださって、測定してくれるのです。

そして、その訪問測定が終わったら、今度は自分で赤ちゃんを連れて、地域の指定の場所に赤ちゃんの体重を計りに行くというシステムです。
(他のイギリスの地域も同じなのかな?)

長女アイを出産した時は、ラッキーな事に家の隣の教会が、体重測定場所だったので、徒歩30秒くらいで行けていたのですが、
2年経つうちに、いつの間にか場所が変わっていました。残念!
(と言っても、新しい場所も徒歩圏内のなので良かった~。)

ちょうど生後1ヶ月になった次女メイですが、出生時よりも、体重が1kg以上増えていました。
(成長曲線が、一つ上のラインになっていました)

良かった良かった。ちゃんと飲んでいるだな~と一安心。

新生児サイズの服も入るものと入らないものが出てきたので、身長も伸びている様子。

ちなみに、イギリスのベビー服は、
サイズ分けが、
New bornサイズ(up to 1month)
→0-3months
→3-6months…以下3ヶ月ごとという感じです。(区切りが細かい)

日本だと、70センチまで、80センチ、90センチ・・・という感じかな?(区切りの期間が長い)

なにはともあれ、順調に成長してくれているようで、ほっとしました。

 

ところで、その体重を計りに行ったところで、
赤ちゃんや子供が遊べるスペースが設けてあって、アイとメイを遊ばせていたら、スタッフの方が近づいてきて、
最初はちょっと世間話をしてきたのですが、

急に、
「ねえ、ところで、あなた・・・日本人?」と聞かれました。

「はい、そうですけど・・・?」

そしたら、その人は満面の笑みで、
「うっわー!!良かった!!ついに日本人を見つけたわ~」と大喜び。

理由を聞くと、
この場所に赤ちゃん連れでよく来る日本人女性の方がいて、この地域に日本人を探しているとのこと。

「でも、今まで誰もいなくてね~。中国人も、ロシア人も、ポーランド人もいるのに、日本人はいなかったのよ!」と興奮気味。
(中国人ならアジア人だけど、ロシア人もポーランド人も、この場合関係ないのでは・・・笑、と思ってしまった)

「じゃあ、私の連絡先を書きますから、その方にどうぞ渡してください。」
という事で、話がまとまりました。

「その人ね、今、日本に里帰り中なので1ヶ月後くらいにしか来ないそうだけど、1ヶ月待ってくれる?」
と聞かれましたが、
「ええ、ええ、1ヶ月なんて全然問題ないですよ!この地域に、今まで6年住んでますが、一人も日本人に会ったことありませんから、6年にくらべれば1ヶ月くらいなんてことありません~」
と言ったら、笑っていました。

そして、そのスタッフの人は、
You made my day! Thank you! 」と言って去っていき、

その後、他の人に、「日本人を探していたのだけど、ついに日本人を見つけた!」という話をしていました。

ルンルンな大きな声で話していたのが聞こえたので、相当嬉しかったのかな~と思いました。(^^)

それにしても、親切なスタッフさんだなー。

1ヶ月後に、その方から連絡があるかしら・・・。今からちょっとドキドキ☆ワクワクです。

Save

いしこがわ理恵

在英9年目の兼業主婦です。イギリス人の夫と共に、イギリス南部で2人の女の子育児奮闘中です。仕事は日本語教師、ライターなどをしています。 イギリス情報、日本語教育情報、バイリンガル育児関係や、趣味のモノづくりなどについて書いています。ブログ&SNSへ気軽にコメント等残していただけると嬉しいです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です