イースターホリデー☆5歳児&2歳児と過ごす、忙しくも楽しい2週間<前編>

現在イースターホリデー中で、学校の休み約2週間+α 続いている南部のイギリス。(地域によっては、1週間ずれているようです)

家の中は、いつもの2歳児(次女メイ)に加えて、いつもは学校に行っているはずの5歳児(長女アイ)も一緒に家に居るので、もう毎日がにぎやか(を通り越してうるさい・・・)で、ドタバタ劇が連日繰り返されています。

2人が仲良く過ごしている時は「ああ・・・天使が2人。かわいい♡」と思いますが、一度喧嘩が始まると、もう大変!同じおもちゃで遊びたがったり、見たいテレビの内容が違って争いになったり、もう勘弁してくれ~!となることも。タームタイム(学期中)は大人と2歳児のみで9時から3時まで過ごしているので、比較的静かですが、ホリデー&週末は2歳差姉妹はなかなか小さい喧嘩が絶えません・・・。

つい「コラー!」と割って入りたくなるのですが、最近は以前読んだ育児書のアドバイスを思い出して、割って入るのをぐっとこらえて、怪我をしそうにない限りはなるべく見守るようにしています。そうすると、なんだかんだで、2人はお互いを思い合っているようで、すぐに仲直りしたり、何事もなかったかのように笑ったり一緒に遊び始めたりするので、この方法が合っているのかな。

さて、それにしても、イースターホリデー中は、ほぼ毎日何かの予定が入っていて、忙しい毎日を過ごしています。
友達家族とピクニックに行ったり、公園へ行ったり、遊びに来てもらったり遊びに行ったり、親族に会ったり、イベントに出席したり。ニューフォーレストという場所にもいきました。森らしく木が茂っている場所もあれば、あまり木がなくて、草原・・ていうか荒野(?)みたいな場所も。野生の馬もいて、子ども達は大喜びでした。

参加したピクニックでは、新しく2組の日本人ご家族を紹介していただき、仲の良い日本人の友達も一緒だったので、終始笑いの絶えない楽しい日。
天気にも恵まれて、子どもたちもランチとおやつ以外はずっと楽しそうに走り回っていました。

予定がない日は、子どもたちとイチゴを植えたり、散歩をしました。

休みのある日、
どこを散歩しようかと話していた時、長女アイが、「ママとダディが住んでた前のおうちが見たい。」と言ったので、新婚当初に私と夫が住んでいたエリアをぐるっと散歩して、そのときに、以前住んでいたフラットの前まで行くと、当時のお隣さんがまだご健在で(80代後半のおばあさま)、久しぶりの再会を喜んでくださいました。

彼女のお庭はいつもお花が絶えない「ザ・イングリッシュガーデン」そのもの。芝生もいつも青々としていて、素晴らしいです。
この時期(春)はちょうど「忘れな草」( forget-me-not)の時期で、薄いブルーが印象的でした。
(よく見ると、薄いブルーに混じって、ピンクや紫の色の花も咲くのですね。)

そして、さらに、この日はたくさんの八重桜の木が生えている広場にも出会い、しばしお花見気分♪

そのお散歩からの帰り道、あるお家の前庭で、ヴィオラ(Viola 英語では ヴァイオラ?)の苗がひとつ50pで売ってありました。
いろんな色の混ざり方があって、どれにしようか決められないくらい種類が豊富でした。私がひとつ買おうとしたら、長女が「えー!こっちがいい!」次女が「メイちゃん、これー!」それに便乗して夫も「僕はこの色が好きかな」とみんな言いたい放題。でもとても安かったので、それでは1人1つづ植えようということで、各自が選んだものを合計4つ買いました。

この日は、家族とただの「お散歩」をした日でしたが、家族の笑顔、娘たちが手をつないで歩く姿、夫の幸せそうな表情が、とてもハッピーな気分にしてくれた一日でした。

Save

Save

Save

Save

RiS (リス)

在英9年目の兼業主婦です。イギリス人の夫と共に、イギリス南部で2人の女の子育児奮闘中です。仕事は日本語教師、ライターなどをしています。 イギリス情報、日本語教育情報、バイリンガル育児関係や、趣味のモノづくりなどについて書いています。ブログ&SNSへ気軽にコメント等残していただけると嬉しいです。

あわせて読みたい

1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です